Windows OSの選び方

WindowsとMacのどちらを購入すればいい?

今、コンピュータを購入するなら、「Windows」か「Mac」に大きく二分するのではないでしょうか。少し前まで、パソコンというと「Windows」と言われてきました。実際、OSのシェアはWindowsが圧倒しており、Macはほんの一部のユーザーにしか使われていませんでした。

しかし最近は、Macを購入する人が増えています。ビジネスではWindowsがデファクトスタンダードとなっているのに、Macでは使いにくいのではないでしょうか。オンラインゲームを見てもMAC対応はほとんどありません。日本で流行っているゲームはWindows専用ばかりです。つまりゲーミングPCにはMACではなくWindowsが人気だとわかります。Windows10を待つのは時間が掛かり過ぎるので、Windows8.1がおすすめです。

最近は、パソコンの価格が値下がりし、「2台持ち」する人が増えています。Windowsを利用する一方で、Macも利用する、という人が多いようです。Windows互換のファイルを利用する場合はWindowsパソコンを、それ以外のブラウジングやメールなどの用途はMacで、と使い分けているのです。

クラウドが登場したこともMac利用を後押ししているのではないでしょうか。クラウドはブラウザを利用してサービスを使えるようにしています。OSの違いを気にせず、ブラウザさえあれば、同じサービスを利用できます。例えばクラウドサービスとして代表的なセールスフォース。WindowsやMacに関係なく、ブラウザからログインすれば、どこからでも同じ画面を見て操作できます。Macであっても問題ないのです。

仕事だからWindows、という考え方は徐々に必要なくなってきているようです。使い方次第でMacでも十分支障なく使える環境が整っているのです。

Windows 8のメリット

「Windows XP」は2014年4月、サポート切れとなりました。それ以降、XPに関する修正パッチなどは提供されることはなく、ウイルスなどが侵入しやすい危険な状態となってします。そこでXPユーザーは、以後のバージョンである「Vista」や「7」「8」などへの移行を余儀なくされたのです。

現在は最新版である「8」(もしくは「8.1」)を使っているユーザーが多いのではないでしょうか。では「Windows 8」はこれまでと何が違うのでしょうか。

Winodws 8最大の特徴はタブレットやスマートフォンなどの携帯デバイスでの利用を想定したOSである点です。Windowsといえばパソコン用OSというイメージが定着していますが、Winodws 8はそのイメージを払しょくし、タブレットなどの携帯端末でも使えるよう改善したのです。具体的には画面上に表示するアイコンなどを指を使って移動できるようになりました。これまでキーボードやマウスを使ってアイコンなどを操作していましたが、iPadやiPhone、Android OS搭載端末のように、指で表示を拡大したりアイコンを動かしたりできるようになっています。

こうした機能をパソコンで利用するには、モニタが当然、指での操作に対応していなければなりません。しかし最新パソコンの中には、こうした使い方をデスクトップパソコンでもできるよう指での操作ができるモデルが登場しています。

キーボードの「Windows」ボタンの価値

パソコンを操作するデバイスとして欠かせないキーボード。WindowsやMacそれぞれにキーボードの配列があり、Windows用の場合、キーの配列がキーボードの種類を問わず、ほぼ同じとなっています。

そんな中、どのキーボードを見てもあるのが「Windows」キーです。キーボードの一番手前に2つあるのが一般的かと思います。しかし、Windowsキーを利用する人は必ずしも多くありません。

Windowsキーを押せば、Windows 8ならアプリケーションなどを一覧表示する「タイル」の画面をダイレクトで表示できます。しかしダイレクトで表示しなければならないほど、利用頻度の高い画面ではないように感じます。
Windows 8.1の場合、マウスを使ってメニューバーから一覧表示の画面を開くことができます。マウスを使ってそれほど苦も無く呼び出せるなら、あえて2つのキーを用意する必要はないのではないでしょうか。

F(ファンクション)キーを使って、ブラウザをダイレクトで起動したり、メーラーを起動したりできるようにするケースがありますが、Windowsキーを自由にカスタマイズできれば、Fキーを設定する必要もなくなります。またはWindowsキーをなくせば、スペースキーを左右に広げられるし、利用頻度の高いコントロールキーやaltキーを大きくしたりできます。

キーボードのキー配列は最小限のキーだけ決め、残りのキーはユーザーが自由に選択できるようにした方が、使い勝手はよくなるし、パソコンの利便性は向上するのではないでしょうか。

Comments

Comments are closed.