FPSで勝つために液晶ディスプレイにこだわってみた

2015年1月9日 by admin1

FPSでキルデススコアを向上させるためにこだわるもの、マウス、キーボード、グラフィックボード、CPU、メモリとあると思います。とにかく、一秒でも早く!いや、それよりも早く動ける!動くはず!少しでも早く動いて敵を倒したい!と思う方が多いはずです。マウス、キーボード、グラボとこだわって、もうこだわる所は無いだろうと思っていらっしゃる方へ、まだあります。

そうです、【液晶ディスプレイ】がまだ残っております。え?【液晶ディスプレイ】なんか関係あるの?と思われるかもしれませんが、近年普及している液晶モニターでは遅延や残像などが発生します。これはコンシューマーゲームなどで音ゲーなんかをプレイしていると顕著に見てとれることができます。

あなたがターゲットを正面に入れてクリック!!と思っていても、ディスプレイの遅延や残像でわずかな遅れが生じているかもしれません。これは、RPGなどでしたら良いですが、1秒を争うアクションゲームやFPSでは致命的です。ではどんな【液晶ディスプレイ】を選択したら良いのか?ゲームをプレイするうえで【液晶ディスプレイ】を選ぶポイントを紹介してみたいと思います。

応答速度

画面が切り替わる速さです、ただこの切り替わりはメーカー上、黒→白→黒という移り変わり速度で調査しているようです。中間色とか別の色になると、もうちょっと時間がかかるようです。そして数値を表す単位はms、これは1000分の1秒をあらわします、この数値が大きいほど残像が出てしまいます。つまり数値が大きいものはFPSに不向きと言えます。BTOおすすめメーカーのマウスコンピューターはiiyamaと同じグループ会社なのでFPS向けディスプレイが格安で購入できます。

リフレッシュレート

仕様で60hzなどと書かれている数値です、hzはヘルツで周波数です。この数値は大きいほど描画能力が高いことをあらわしておりますので、数値が高いものを選択してください。よくゲーム用語に言われるフレームという言葉がコレです、この数値がたとえば毎秒60フレームのゲームをプレイしているのに、30hzしかなければ描画能力が足りないのでカクカクになってしまいます。仕様には様々な書き方があり、水平周波数や垂直周波数とも書かれたりしております。

上に書いた2つの項目が良ければヌルヌルと素早く動作できるようになるので、格段に操作による違和感などがなくなります。またディスプレイによっては、ゲームモードや解像度強調技術などがあり、よりクッキリとゲームを楽しめる機能がついている場合ありますので、【液晶ディスプレイ】購入の際には是非気をつけてみてください。極限までこだわってFPSをプレイする方でしたら、【液晶ディスプレイ】は是非こだわってみて欲しいポイントです。

未分類

Comments

Comments are closed.